K's Graffiti

文章を書いたり絵を描いたりします。

生存記録(20240415)

ただの趣味でしかないのに、無理に力を入れすぎというか、時間を使いすぎというか、某作業に対してここ数日の可処分時間をほとんど捧げてしまっている。ほぼ自己満足に等しく、他人からすれば価値を見出すことが難しいかもしれないけれど、私にとっては大事なこと……だと思っている。妙に自信なさげなのは、これを完遂した暁に私が心の底から達成感を得られるかが、保証されていないからだ。ひょっとしたら、ただひたすらに空虚な気持ちだけが押し寄せてきて、後悔に苛まれるかもしれない。しかし、中途半端なところで中断するのも気分が悪い。だから今の私は、得体の知れないモチベーションに突き動かされ続ける愚かな存在でしかないのだ。誰か矯正してくれる人間が身近にいればよかったのだが、あいにく長いこと一人きりで生活しているもので、前向きな心当たりはない。仕方ないだろう。そういう生き方しかできないのだから。
いつの間にか、すっかり冬は終焉を迎えたらしく、あるいは春までも一気にスキップされてしまったかのごとく、部屋の中には熱気が充満し始めている。起きている間は常時デスクトップPCの電源を入れ続けている生活習慣に原因の一端がありそうなものだけれど、それにしたって気温の上昇幅が大きい。いくら暑さに強いとはいえ、適応するにはもう少し猶予が必要というものだ。ただ元気が出づらかったり、異様に眠かったりするだけなら、日常茶飯事の出来事であり特筆するほどのものでもないのだが、ここまで急激な変化に晒され続けると体調を崩しかねない。深夜になれば季節相応に肌寒さを感じるせいで、何を着ていればいいのか迷うだけでなく、エアコンの稼働についても慎重にならざるを得ない。冷房はともかく、除湿運転くらいはしておかないと不快指数が上がりすぎてしまうし困ったものだ。
こういう難しいタイミングに体力と集中的を使う作業に没頭していて、しかも自身でコントロールできていないため、あまりにも反動が怖すぎる。まだ今週は始まったばかりだというのに……せめて木曜あたりまでは元気を保っていてほしい。

生存記録(20240414)

あまり喜ばしくない報せが届いた。とある親戚の人間が入院したらしい。もう随分と高齢だから、近親者のほとんど全員が「その時」を覚悟しているとは思うが、様々な手続きなどが必要になるだろうから近しい人間は大変だ。実際のところ、細かい状態については伝えられていないため、どれほど危機的状況なのかは言葉の雰囲気から推測するしかない。案外、平気な可能性もあるけれど、「厳しい」とか「もう会えないかも」といったワードが使われているあたり、そのまま受け取るなら危篤に等しいのかもしれない。個人的な感触としては、十中八九このまま永遠の別れになりそうな気がしている。
本人の体力が数日は保つ前提で、もし私に意志があるのなら、面会の機会を作ることはできる。いきなり都合を付けるのは大変ではあるけれど、生き死にの瀬戸際となれば何よりも優先するのが、おそらく人情というものなのだろう。ただ、私は非常に悩んでいる。というよりも、困っている。だってこれは、まるで私が試されているかのように感じてしまうからだ。「当然、来るよね?」という圧のようなものを、暗に感じ取ってしまう。常識的な普通の感覚を備えていれば、もっと迅速に行動できるものなのだろうか。
いまいち気持ちが向かない理由としては、個人的な関係性の希薄さが挙げられる。これまでの人生において、まったく世話にならなかったと言えば嘘になるけれど、私はほとんど当人との密接な付き合いやエピソードに関する記憶を保持していない。年に数回、平均すると1,2回程度しか会わない相手であり、他愛ない世間話すら余所余所しいまま適当に流すだけだった。たとえば年始のような多くの親族が集まる場において、プライベートな会話を試みるのが難しいのは当たり前だ。しかし、本当にそれしかなかった。家庭環境のせいか、他にコミュニケーションを取る機会に恵まれなかったのだ。私はあの人と、まともに正面から会話をして意思疎通に成功したことはなかったかもしれない。あまりにも形式的な間柄であったせいで、このような事態に至ってもなお、どこか他人事のように思ってしまっている。
そんなわけで、遅くとも週の前半のうちには決断が求められる窮地にあるわけだが、日頃から行動力に乏しい私にとっては余計な負担でしかない。ああ、どうするのが正解なのだろう。

生存記録(20240413)

気づけば皐月賞が目前に迫っている……が、しかし私は悩んでいる。何しろ、前日の段階で本命も対抗も何も決まっていないからだ。それほど競馬歴が長いわけではないけれど、この数年の経験の中において、これほどまでに予想がまとまらなかったことは初めてかもしれない。いつも混戦だの難しいだの言いながら、なんだかんだ買いたい馬の一頭や二頭はいたものだったのに、今回ばかりは優先順位がまるで付けられない。特に好きな馬、気になっている馬、応援している馬など、例年なら頭に浮かんでくる存在がいないこともあって、正直なところ何が勝ってもいいと思ってしまっている。実際、人気が割れているように何が勝っても不思議ではないし、どのような展開になったとしても納得できてしまいそうだ。
とはいえ一切の考えなしに臨むのも、もったいない。せっかくのGⅠなのだから、ある程度は思考をまとめておきたいものだ。というわけで、一応は上位人気馬についての印象だけは書いておこうと思う。まず、紅一点のレガレイラから、同じ舞台のホープフルステークスを制しているGⅠ馬ということで最も格は高いと言えるが、より成長が進んだであろう牡馬に混じってどれだけのパフォーマンスが見せられるかといったところだろう。ルメール騎手が乗れない時点で大幅に評価を下げたい気持ちはありつつ、キレる脚は無視できないし、何より55kgの斤量で出られるのがチートじみている。馬券を買うなら、外すのは相当に怖い。ジャスティンミラノとビザンチンドリームはどちらも2戦2勝の重賞馬で、さらに東京で買いたい雰囲気なので似たタイプに感じる。ただ、ダービーを勝てるレベルの馬なら不向きな皐月賞でも上位に食い込むのがクラシックレースだから、ダービーで本命に考えるレベルなら買うべきだろう。その他、前哨戦で強い勝ち方をしたメイショウタバル、血統的に向いていそうなコスモキュランダとミスタージーティー、勝ちきるイメージは湧かないが軸として安定感を発揮しそうなシンエンペラーなどなど、どうしても候補を絞れない。各路線から集まってきているから当然なのだけれど、どの馬もまだ馬柱がきれいだから、本当の意味での実力が不明なのだ。一目で「モノが違う」と言える馬がいる年は、ライトな競馬ファンからすると恵まれているのだと思う。
これだけ名前を挙げておきながら、まったく触れなかった馬が勝ったらそれはそれで面白そうではある。まぁどのような結果になるにせよ、とにかく全人馬が無事にレースを終えること、それだけを願っている。

総力戦シーズン64・ペロロジラ(屋内)結果

弱いボス、強いボス、戦いやすいボス、戦いにくいボス、特徴は様々に分かれているけれど、ペロロジラに関して言うと楽なボスでないことは明らかだ。HPが多いだけでなく、その圧倒的な防御力によるダメージ軽減が強力で、ギミックを理解した上で適切に対応しないと殴っても殴っても削ることが難しい。
現状、Tormentにおいては1凸撃破が不可能なこともあり、いくらユーザーが増えたからといって、そう簡単に攻略できる戦力が揃うわけでもないため、事前に予想していた通りボーダーは緩い結果に終わった。

続きを読む

生存記録(20240411)

意識が戻らないという話から、おそらく難しいのだろうとは思っていたが、やはり訃報が現実のものとなるとショックは大きい。常々、危険と隣り合わせであり、本人や家族その他、関係者らは覚悟のもとに臨んでいるであろう競技とはいえ、いざ悲劇に直面したら気持ちの整理には苦慮するに違いない。遠いところから眺めているだけの一般的な競馬ファンであっても多かれ少なかれ心を痛めるのだから、身近な人間の悲痛は想像が及ばないレベルだろう。しかし、そんな状況でも変わらずに競馬は施行されるし、馬は走る。人も馬も、これからも命懸けで。
ここしばらく、私は競馬との距離を置いているというか、もちろん重賞をチェックするくらいはしているけれど、一時期ほど熱烈にのめり込んでいるわけではない。だから、今回の報道に対する感情変化は、それほど劇的なものではなかった。驚きはしたし、残念に思う気持ちもある。ただ、必要以上にショックを受けすぎず、落ち込みすぎないようにできたのは、僥倖と言えるかもしれない。これがもし、一昨年くらいの時期に発生していたら……立ち直るまで時間を要したかもしれない。死亡事故は非常に珍しいこととはいえ、落馬自体は頻繁に起こるアクシデントではあるし、ここ最近は立て続けに危ないシーンを目撃している印象がある。少しでも運が悪ければ、その落ちた全員が亡くなっていた可能性だってあるのだ。あらためて、業の深い営みであると思わざるを得ない。それでも、競馬の魅力には絶対的なものがあり、否定しようなどとは毫も思えないのだから、私自身も罪深さを背負いながら今後も楽しんでいくしかないのだろう。
それにしても、週末の皐月賞は予想が難しくなってしまった。ただでさえ混戦ムードの中、有力な候補として考えていたいくつかの馬たちが、今回の件に関連して人気を集めそうだからだ。サイン馬券なんて縁起でもないけれど、当たれば美談にもなり得る。実際、能力面や適性面、血統的な観点からも意外と悪くなさそうで十分に可能性はあると言えるので、どうせ安くなるだろうが3連複1点くらいはお守りとして持っていてもいいかもしれない。
ただ楽しみなだけではない、おそらく向き合う全員が複雑な気持ちを抱えたまま迎えることになる牡馬クラシックの1戦目が、はたしてどのような結末に至るのか、ある意味で例年以上に注目度が高そうではある。こちらも週末までに、しっかり楽しめるよう精神を整えておきたい。

生存記録(20240410)

年に何度か話題になる声優界隈のスキャンダルだが、今回の一件はなかなか個性的な、ある意味で歴史的な事件と言えるだろう。現状、真偽不明な部分も多いため、特に具体的な言及をしようとは思わないのだが、この一連の流れは純粋に見ていて面白い。インターネットはカオスなので、私のように距離を置いて楽しんでいる人だけでなく、ショックを受けている人、調子に乗って叩いている人や、情報ソースを精査せずいい加減なデマを吹聴している人などなど、反応は様々に見られる。別に何を発信しようが個人の自由ではあるけれど、少し冷静になって考えれば、何も言わないことが最善であることは火を見るよりも明らかだ。有名無名を問わず、SNSの世界に触れている限りは忘れないようにしたい精神だろう。軽率な発言によって、意味もなく印象を悪くするリスクが至るところに存在している。物申したくなる話題だからこそ、むしろ慎重に受け止めたい。
それはそうと、渦中の声優について、私はまったく無関心というわけではない。というより、以前に個別の記事を書くくらいには彼女が展開する一部のコンテンツを好いている。これをファンと称していいものか微妙な心境ではあるが、ちょっとアニメを見るくらいの一般人よりは確実に詳しい自信がある。しかしながら、今回の事件について私は一切のネガティブな感情を覚えていない。理由は簡単で、私が何事に対してもコンテンツ部分にしか興味がないからだ。声優などの役者に限らず、作曲家や漫画家、小説家やイラストレーター、はたまたスポーツ選手でもいいけれど、とにかく彼ら彼女らが仕事としてアウトプットする部分にしか目を向けることがない。本人の性格や思想、プライベートでの言動なんて、どうでもいいと思っている。たとえ犯罪に手を染めたとしても、その見方は変わらないだろう。もっとも、社会的な要請に従って当人の活動が制限されることに関してのみ、私が楽しむ機会を奪われるという観点から残念に思うことはある。ネットを中心に話が大きくなりすぎているため、本人のメンタルが懸念されるところではあるけれど、何事もなかったかのように仕事が継続されればありがたい。最悪、引退の可能性はないわけではないが、せいぜい短期間の活動自粛程度で済んでほしいところだ。

生存記録(20240409)

本質的に夜型なので、生活リズムを完全に昼夜逆転させていれば、むしろ規則正しい生活が可能なのではないかという結論に至りつつある。まぁ今週に入ってからの話になるためサンプルは月曜火曜だけで少ないわけだけれど、実のところ先週の木曜金曜あたりも似たような時間帯に就寝起床していたから、非常に適合している感がある。
起きるのは夕方だ。多少、前か後ろにズレていても問題はないのだが、だいたい18時過ぎに起床すると諸々の都合が良い。朝食代わりの夕食を腹に入れて、完全に目が覚めた頃にいわゆるゴールデンタイムを迎える。テレビは見ないから関係ないかもしれないが、興味を惹かれるYouTube配信などは、この時間帯から始まることが多い。気分としては一般人の午前中に等しいわけなので、何か集中したい作業に取り組んでもいい。パフォーマンスの効率は上々に思う。
数時間が経過すると、深夜帯に突入する。ちょうどお昼時と言ってもいいけれど、このあたりで若干の眠気を感じることが多い。夜なのに昼寝というのも妙な話だが、起床してから6時間後くらいに身体が一時的な休息を求めてくるのは昔からのことだ。ここで横になるかどうかは気分次第なところもある。何かに集中しているならその必要はないし、やや手持ち無沙汰であれば30分ほど休んでもいい。実質的な昼過ぎということで、食事のタイミングも考慮しなければならない。油断していると朝になってしまうから大変だけれど、だいたい2時前後に食べることが多い気がする。夜中に食べると不健康という考えはあるかもしれないが、直後に眠るわけでもないし、ただ半日遅れで動いているだけなので何も問題はない。
すっかり陽が昇って外が明るくなってくると、いよいよ眠気を感じ始める。世の中が動きだして環境音に含まれる要素が複雑化していく時間帯に、少しずつ私の能率は落ちていくのだ。僅かな音すら響きかねない静寂よりも、適度な雑音に包まれていたほうが却って眠りやすいかもしれない。これも日によって異なるものの、平均すると10時から正午までの間に就寝することになる。今の時季はちょうど心地がよいけれど、もう少し季節が進むと暑さで寝苦しいといった事象に見舞われるだろうから、睡眠に充てる時間は気温に合わせて微妙に調整する必要があるだろう。
別に、朝の6時に起きて夜の22時に寝るパターンでも同じことだろうに、それだと体調が崩れたり睡眠の質が悪くなったりするので、よくわからないのだ。やはり本質的に夜型だから、ということで納得するしかない。