K's Graffiti

文章を書いたり絵を描いたりします。

生存記録(20240408)

とうとう始まったブルアカのアニメだが、テレビ放送でリアタイ視聴は難しいため、各種配信サービスで公開された直後に見る形となった。既に公開されていた情報から、内容に関しては大きな期待感を抱かずに受け止めようという心の方針があったので、そこそこ悪くなかったように思う。原作のストーリーを熟知しているため、完全初見の立場というものを自身の中に再現することはできず、アニメとしてフラットに評価するのは困難ではあるのだが、正直なところ新規でアニメを楽しめるかというと現時点では特にポジティブな意見は言えそうにない。まだ世界観も何も不明で、キャラクターについても知らないことばかり、それでいてこの無難な1話から名作を期待するのは酷というものだろう。どちらかと言えば、既存の作品ファン向けのテイストに感じた。ゲームをプレイしているだけでは見えない要素、これまで表現できていなかったキヴォトスという空間への解像度が高まるのは、純粋に満たされるものがあって大変に良い。ゆえに、ここから私が期待するものとしては、大崩れなく無事にアビドス編を完走してもらって、可能であればその先の展開も……といったところだろう。
それはそうと、OP映像には度肝を抜かれた。PVやスチルのクオリティでぬるぬる動く情報量の暴力で、この部分だけでもアニメ化した価値があると断言できる。本編が70点だとしたら、OPには100万点を付けてもいい。当然、コマ送りにして確認するわけだが、いわゆる中割りなんて一切ない、全カットが素晴らしい一枚絵として成立している神アニメだった。ブルアカの空気感、透明感がよく表現されていて、理想を言えば本編もこの作画で……と言いたいところだが、流石に負担が大きすぎるだろうから無理なのだろう。もし今後、劇場版が制作されるなんてことになったら、ちょっと期待したくなってしまう。まぁこの映像を素晴らしく感じるのは、ブルアカにお馴染みのPVと似た造りになっているからというのもあるだろうけれど。
ともあれ、期待していなかった分だけサプライズ的に感動を貰えたので、アニメとしての評価はさておき、1話を視聴した直後の気持ちとしては大満足と言う他なかった。今回のアニメでどこまで進めていくのか、何を描写するのか、そして今後の計画などなど楽しみは尽きない。木曜にはメインストーリーの更新もあることだし、急がず焦らず、より長い目でブルアカというコンテンツと付き合っていきたいと思った。

生存記録(20240407)

久々に競馬の予想が当たるも、ほぼ人気馬による決着だったので「当てた」感はあまりない。いずれにせよリアル馬券の購入はしていないので払戻額なんてどうでもいいというのはあるが……阪神JFの上位2頭が強いという考えが間違っていなかったのと、ライトバックを評価できていた点は素直に嬉しく思う。しかし、全体的にレベルが高い印象はあるものの、突き抜けて強い馬というのは今のところ見当たらず、オークスはまた微妙に勢力図が変わりそうな気配も感じている。とりわけアスコリピチェーノは血統的にもNHKマイルCのほうが合っていそうだし、皐月賞に出るレガレイラの動向次第ではあるものの、あらためて予想し直しになりそうだ。
その皐月賞は、今度は一転して混戦ムードが漂い、現時点ではどの馬が人気を集めるのか予測が難しい。朝日杯FSはレベルがどうかという話もあるし、一方でホープフルS組を信じるならレガレイラ本命になりかねないが、ルメール騎手からの乗り替わりで大敗したチェルヴィニアのこともあるし、いまいちコレという馬がいない。シンエンペラーは安定して走るため、軸にはちょうどいいかもしれないけれど……他の路線から舞台に合っていそうな馬を挙げるとするなら、ビサンチンドリームとミスタージーティーあたりだろうか。正直、全然わからない。
話は変わるが、久しぶりに隣人に関する情報を更新しておこうと思う。というのも、今月に入ってから明確に変化があったからだ。これまで何度も話に出してきた隣人……ではなく、反対側の住人についてなのだが、実のところここ数か月の間ずっと空室だった。確か昨年の後半、十二月の前半までには前の住人が退去していて、年内に清掃が完了していたから年明けには誰か入るだろうと思っていたのだけれど、一向に入居してこなかった。厳密に言うと、観測に基づく私の読みが正しければ、おそらく一月中には契約が完了していたはずなので、実際には二月と三月の間は丸々放置されていたことになる。年度が切り替わるタイミングだから、たとえば四月からどうしてもこの立地の住居が必要で、多少の家賃を犠牲にしてでも早めに確保したかったという可能性もあるが、とにかく私として片側から一切の物音が聞こえてこない生活は、ストレスがなくて気楽なものだった。
それが、今月からとうとう住み始めたようで、新たなストレス源の発生として認識しなければならなくなっている。露骨な騒音ではないのだが、何しろ壁の薄い建物なので、これまでと同じというわけにはいかない。幸いにも外出時間の長い人のようだから平日は助かっているけれど、休みの日だと何時間も誰かと通話している感じの声が響いてくるため、地味に苦痛なのだ。慣れでどうにかなればいいのだけれど……また変化があったら書こうと思う。

生存記録(20240406)

あっという間に一週間が過ぎて桜花賞が目前、ということで今週も適当に的中しない予想を本当にあっさりと書いていこうと思うが、今度ばかりは波乱なく終わるだろうという期待感があるため、自然と有力視する馬は人気上位になってしまう。一応、阪神JF組を評価して◎アスコリピチェーノ、◯ステレンボッシュとオッズ通りの予想になるけれど、それだと馬券的には面白くないためコラソンビートは消しの方向で考えたい。また、クイーンズウォークはオークス向きという話が陣営から出ているものの、阪神マイルの川田騎手という時点で軽視はできず△に、あとはライトバックあたりを押さえておく形でいくつもりだ。まぁ馬券は十中八九、買うつもりがないのだけれど。
チェルヴィニアは相当な素質馬なのだろうけれど、乗り替わりで大外枠といったネガティブ要素の印象が強く、これも今のところ△までの評価になる。新馬戦が大きく評価されているものの、除外になったボンドガール含めてまだ怪物感はない。強いなら強いで今後の楽しみが増えるけれど、ようやく見極められる機会が到来したわけなので、走りには注目していきたいところだ。ただ話題性だけで過度に人気を集めるようなら、逆らってみるのも競馬ではあるだろう。
今年に入ってから、まるで予想が掠りもしない原因については心当たりがないわけではない。昨年まで実施していたような週中の情報収集を怠っているだけでなく、他人の追い切り評価やデータ分析すら滅多に見なくなってしまった。ただ、己の直感的な感覚に従うのみで、それなら外しまくるのも不思議はないだろう。最近はAI予想の台頭により、仮に的中したとしても思った以上に安いケースが珍しくなくなってきているようで、馬券に期待できるものが減っている気がする。高確率で金を失うスリルが、レースに対する興奮度合いを引き上げてくれる効果を持つのかもしれない。私は、そんなことをせずともレース観戦だけで十分に楽しめているから、余計に馬券を買うメリットがないのだ。
正直、私の競馬への取り組み方なんてどうでもよくて、とにかく全馬が無事に完走することが重要だ。その上で、今年のクラシック開幕戦を勝利で飾るのはどの馬なのか、楽しみに待ちたい。

生存記録(20240405)

某クレカ会社のポイント交換商品の改悪がこの一年で著しいため、より魅力的な会社のカードに切り替えることも検討しているが、クレジットカードの機能としては不便がない上に新しく書類手続きなどをするのが面倒ということもあって、どうにも気が進まない。
以前はAmazonギフトポイントにせよGooglePlayポイントにせよ1:1の交換ができていたというのに、今では6:5くらいのレートになってしまったので、およそ20%弱の割高となっている。日頃から積極的には金を使わず、すなわち貯まるポイントも少ないわけだから影響は大したことがないとはいえ、かつての設定を知っているだけに気分が悪い。素直に受け入れて割高レートでの交換をする気には、今のところどうしてもならない。
ただ、全部が改悪されたわけではないという点が重要で、電子決済が普及している世の中だから、実のところ交換レートが安い商品から高い商品へと、ポイントを転用することが可能なことに気づいた。正直、私はこの手の電子決済サービスについて無知と言ってもいいくらいで、時勢についていけていない感は否めない。詳しければもっと以前から、それこそ改悪前から便利に活用できていたかもしれないのだ。電子決済サービスに関しては、あまりにも情弱極まっていた。
具体的にどうするかというと、FamiPayというサービスを使おうと思っている。これはファミリーマートの決済アプリなのだが、基本的には現金や口座からの入金、あるいはクレカから支払うことでチャージすることができるデビットカードようなもので、本質的にはSuikaなどと変わらない。ただ、特徴的なのは物理カードではなくデジタルカードを持つというところで、登録さえすれば誰でも決済に使用できる電子カードを割り当てられる。JCBカードの扱いになるため、たとえばVisaやMastercardしか所有していない場合でも、これを利用すれば最近話題のDLsiteで決済が可能となる。
交換対象には、このFamiPayのギフトポイントも含まれているのだが、現状は1:1レートで交換できるようになっている。いつ改悪が進むかわからないため安心はできないけれど、ひとまず貯まっているポイントは全額FamiPayポイントに変換してしまうのが良いだろう。デジタルカードを使えば、後からAmazonでもGooglePlayでも支払い先は好きなように選択できる。多少の手間ではあるものの、本来の交換商品以外のところにも活用できるとなれば、むしろ自由度は上がるし使わない手はない。慣れれば面倒にも感じないだろう。何より、これまで支払い手段が一枚のクレカしかなかったわけだけれど、いざ止められてしまっても生存可能となる点は大きそうだ。

生存記録(20240404)

突然、左顎の付け根が痛むようになった。口を開けると鈍痛が、そして指を鳴らした時と同じようなパキッとした破裂音が数分に一度くらいの頻度で発生する。これは十中八九、顎関節症というやつなのだが、寝違えたわけでもなく食事後というわけでもないため、具体的な原因に心当たりがない。
しかし実は随分と昔から、この顎の付け根に関しては問題を抱えていたという事情がある。開口時に音が鳴る現象自体は幼少期から経験があり、現在まで毎日数回という頻度で起きているから、今さら特に意識する必要もない。大きな音にはならずとも、顎を上下に動かすだけでシャリシャリといった骨同士が擦れ合うような感覚があるから、いずれ摩耗して痛みが生じても不思議ではないのだ。だから、この唐突に生じた苦痛は、いよいよ時が来たと認識すべきなのかもしれない。
既に歯列矯正が済んでいるから歯並びには問題がないけれど、矯正以前は噛み合わせのバランスがひどいものだった。いわゆるガタガタの歯ではなく、横の並びは一見すると悪くないのだが、前後の位置関係がほとんど咀嚼不可能といっていいレベルで、奥歯でしか物を噛むことができなかった。胡瓜や林檎のように一定の硬度があったり、ハンバーガーくらい厚みがあって柔らかかったりするならともかく、前歯でしっかり噛みしめる必要のある肉などは、あらかじめ小さく切るか飲み込むしかなかったのだ。そういった噛み合わせの悪さが顎の負担となって、いつしか軽度の顎関節症を引き起こしたのかもしれない。なお、あまりにも昔すぎて発生時期は記憶にない。
生活に支障はないため病院に行くほどでもなかったし、行ったところで治る保証はない。というより、矯正が終われば顎関節症も治るのではないかと期待していたのだ。まぁ残念ながら特に変化はなく今に至るわけだが……これまでにも年に数回、同じ箇所が痛むことはあったので、しばらく気にせず放置していれば大丈夫だろうとは思う。もし明日になっても痛みが続くようであれば通院を検討しなければならないが、保険適用外という時点で気が進まない。歯列矯正は手術が伴うものであったから保険が使えたけれど、流石にもう矯正の一環の処置として判定するのは難しいだろう。
体力が少ないのに免疫力は謎に高いせいで病気にかかることは滅多になく、直近数年の通院記録は歯医者の定期クリーニングで埋まっている。毎回、決まった流れなのでストレスなく通えているけれど、新しい用件で新しい病院の世話になるというのは精神的な負担が大きい。おそらく顎の問題は一生モノなので、いずれ通院対応が必要になる可能性はある。ただ、当分は様子見することになるだろう。

生存記録(20240403)

暖かくなったと思えば急に冷え込むものだから、自律神経が乱れまくって仕方ない。半日以上も眠り続ける日があれば、24時間連続稼働できそうなくらいハイテンションな日もあって、おそらく意識できないところで少しずつ寿命が縮んでいるのだろうと思う。今日はどちらかと言えば後者の状態に近く、自分でも不思議なくらいに起きていられる。もちろん、眠っていない分だけ脳のパフォーマンスは落ちているし、なかなか思考がまとまらない。きっと布団に入れば、短時間で眠りの沼に沈んでいくことだろう。
過去にも何度か書いた覚えがあるけれど、これは過集中になっているのだ。ちょっとした作業に対する、必要以上の没入……上手く利用すれば何かしら自身にとって有益な結果を導くことができそうにも感じるが、現状は自由にコントロールできるモードというわけでもないため、基本的にはその日の体調と気まぐれに委ねるしかなくなっている。自律神経が不安定なタイミングで暴発したというのが、おそらく今回の原因となるだろう。
正直なところ、まともに文章を構築できるコンディションではないため、これから先に何を表現していくのか、現在の私はまったく感知できていない。日課だから手だけは動かして駄文を生成しているけれど、思考が働いていないというのは嘘ではない。だから、ちゃんとした推敲が求められるテーマについて書くことは不可能だし、流れに任せるのではなく立ち止まってみると、もはや何も言葉を紡ぐことができなくなる。まるで意味が見出だせないのなら、この日課に価値はない。臨機応援に、こういう日は休むという判断をすることも実際のところ必要なのかもしれない。しかし、途切れることなく数年の間ずっと積み上げてきたわけだから、書かないで眠るのも気持ち悪い。だから、なんでもいいのだ。内容なんて二の次で、とにかく書くことによって私は自らを納得させている。今日という日を無事に終えていいのだという、これは自己暗示に他ならない。
さりとて、書きたいことがないのに、動かない脳内から文章を引っ張り出してくるのにも限界があるため、今日はこのあたりで締めとしよう。

生存記録(20240402)

私はストリーマーではないので、いわゆる配信設定のような知識について詳しくはないのだが、実のところ昔からOBSには大変に世話になっている。手軽に画面の録画ができるだけでなく、ウィンドウごとにスクリーンショットを撮ることもできるから、PC作業中の常駐アプリと言っても過言ではない。
今年から趣味で動画投稿を始めたこともあり、以前よりもOBSの使用頻度が増えつつある今日この頃、PC自体が2018年に購入したものであるため、スペックに不満を覚える機会も増えてきた。とりわけ、録画中に動作が重くなって、せっかくの映像が乱れるなんてことも珍しくない。しかしながら、故障しているわけではなく、まだ普通に使える場面も多いので、PCを買い替える動機としては今のところ弱い。まぁ先日HDDが故障したばかりではあるのだが、デスクトップPCだから不具合のある箇所を新品に入れ替えるだけで十分ではあるのだ。電源は早い時期に不具合で交換しているし、メモリは増設してHDDの換装も済んでいる。あとはCPUかグラボあたりが新しくなれば、いよいよテセウスの船といった様相だが、この両者は高価かつ入れ替え作業が大掛かりで面倒なイメージがあるから、なかなか手が出づらいという事情がある。そこまでするなら、BTOで新品を購入したほうがいい遥かに楽だろう。
さて、OBSの話に戻るが、実は設定をいくつか弄るだけで、パフォーマンスに大幅な改善が見込めるという説がある。長年、適当に使っていて意識したことがなかったけれど、現状の設定はインストールした当初のままかもしれないのだ。それも随分と前のことなので、仮に当時ちゃんと調べていたとしても覚えていないし、OBS自体がアップデートにより設定項目の変更などあるだろうから、ここであらためて調整するのは悪くない。
というわけで、Google検索で出てきたいくつかのページを参考に、設定しては試し撮りを繰り返してみたのだけれど、どうやらこれまでよりも動作を軽くできそうで安堵した。具体的には、映像エンコーダの変更とレート制御、ビットレート関連、以下エンコーダ設定における各種品質に関わる項目を見直した。レート制御に関しては、録画だけならCQPが推奨されていたが、実際に撮ってみると容量をバカみたいに食ってしまうし、場合によっては音ズレするという意見も目にしたので、ひとまず固定ビットレートのCBRで安定化を図ろうと思う。おそらく可変ビットレートの設定は、激しく動かないシーンでは容量を節約できるということなのだろうけれど、録画する動画の内容的にそれは難しそうだ。ともあれ、録画中に重くなる点だけが大きなストレスだったから、課題を解決できたのは気持ちがいい。